ネオ化論 モーフィアス氏の言葉

きみもネオ化しつつある一人だ。
といっても、きみが本来、歩くべき正しい道に
戻ってきたに過ぎない。

オナニーという仮想現実の世界から抜け出せず、
二次元やデジタルで作られたシステムに、
脳みそをつながれたままの者は、まだまだ多い。

きみは、ようやく三次元の世界に戻ってきた。
もう二度とマトリックスに戻ろうとは思わないだろう。

マトリックスのネオも、ラストで目覚めた後に、その後、
自分の状況や身に付いたものがよくわからず、
戸惑いながらも、マトリックスと冷静に接していた。
だが、それでよい。今の君は、ネオにそっくりだ。


スーパーサイヤ人化は、その効果に限界がある。


ネオ化した方が、長くじっくりと自分の気持ちと肉体が
一体化していることを感じることができる。
ある意味、周囲や自分自身をどうでもいいと思える状態であり、
当然、エロなどにも興味がなくなり、エロというマトリックスにアクセスしても、もやもやしたりせず、冷静でいられる。虚像だからだ。

たとえアクセスしても、女性の体はキレイだなと思うぐらいだ。変なエロを含むマトリックスにアクセスすると、脳がついてこれずに、
吐き気をもよおす。

異性に興味がないぐらいの方が、皮肉な話だが、
異性から落ち着いた頼りがいのある安心できる人間に映るものだ。

しかし、君が理解しきれていないエネルギーを
異性はしっかり読み取っていて、不確実な自分こそ、
より魅力的な人物に映る。これもネオと同じである。
彼は最後の最後まで自分を理解できていなかった。

現実の女性がでてくる夢は、まさに君が
人肌として体感した現実を生きている証拠に過ぎない。
マトリックスの中のデジタル信号の女性はどんなに魅力的でも、
脳がしっかりと区別しており、夢には出てこないものだ。

そして、マトリックスとは別の世界で、
たまに男であることを確認することが重要なのだ。


あらためてようこそ、マトリックスの外へ。


私はモーフィアス。過去にマトリックスから離れることをためらっていた人間に過ぎない。


結局、だれがどんな手段を選択しようとも、結果の問題ではない。
単に選択の問題だ。
マトリックスにつながったままでよいか、そうでないか。
選択を信じるか、信じないか。
ネオ化した人間の存在を信じるか否か。

デジタル信号の女性は、
生身の女の夢を見させなくなってしまう。
それがマトリックスのやり方だ。
マトリックスが作り出す女性は、体温がないにもかかわらず、
なぜか人間の脳は抵抗しようとしない。
夢に出てこないのは、そのアプローチが間違っていることの
脳のささやかな抵抗だ。

そして、真に問題となるのは、
デジタルの女性であふれたマトリックスから離れたいか否かではなく、そこに戻れる選択肢があったとしても、人間として、
果たしてまたそこに戻りたいか否かということだ。


ネオ化するとは、単に普通の人間に戻る道を歩いている否かに過ぎない。


他の者のメッセージに対する大らかな反応をみれば、
君がネオ化していっているのがわかる。

私もネオ化した頃(そのときはそのことを認識していなかったが)、
年上の同性から、しみじみと「いい男になったな」と言われたものだ。

モーフィアスが、一点の曇りもなく、ネオを信じたように、
その言葉は、自信のなかった自分には衝撃を与えるものだったが、
今から思えば、それがネオ化した者に対する最高の賛辞と言えるのだろう。

鏡に映ったリンゴは、本物のリンゴのような味がするのか?、という
議論がある。鏡の中のリンゴは、分子構造が正反対となるため、本物のリンゴの味がするかはわからない。マトリックスの中の女も同じだ。男のエネルギーが鏡の女に向かって放射されるたびに、それをエネルギーにして、マトリックスは増大していく。

ひとつだけ忠告しておく。

ネオ化が進むと、映画のマトリックスのネオが経験したように、
物事が進まず、次第に自分を疑問視していくことがあるだろう。


そのときに、スーパーサイヤ人化するために、
マトリックスにアクセスして、リセットしてはならない。
スーパーサイヤ人化するために、結局、
マトリックスに戻ってしまった同志を数多く知っている。

マトリックスの中の男たちはみな全能だ。
現実以上に、想像したとおりに
暴力的に他人を痛めつけることができ、
現実以上に、想像したとおりに
どんな女も好きにすることができる。

しかし、想像力は現実に向かって使わなければならない。
自分を知り、相手を受け入れる唯一のカギだ。

モーフィアスがネオを信じきったにもかかわらず、
ネオは救世主ではなかったように、
ネオが救世主でなかったにもかかわらず、
ネオは結果的にマトリックスを解放したように、
世の中は論理的には出来ていない。

自分の中にかすかな自信を見つけたら、
それを育てていけるのは自分だけだ。
必要な知恵は、君が心を閉じさえしなければ、
向こうからいくらでも飛び込んでくるだろう。


君は自分の中の限界から解放されつつある。

君は、私が思うようなネオではないかもしれない。
たとえ君がネオであろうとなかろうと、
君はもう自分の心に従って、選択できるだろう。
なぜなら、君は普通の男になりつつあるからだ。

これは君だけのためのメッセージだ。

マトリックスの出口につながる入口までは案内しよう。

しかし、扉は自分で開くものだ。
人に扉の開け方を聴くものではない。
他人の開け方を参考にして、自分で気づかなければならない。
持っているカギが人それぞれ違うからだ。

君たちは目覚めなければならない。自分がネオ化できると思うか。
ネオ化という言葉に抵抗があるなら、それでもよい。
マトリックスなしで、正確には、負のマトリックスなしで自立できるかどうかを。

ネオ化しているかどうかは恋愛をしているときと同じだ。
恋愛をしているかどうかは、他人にはわからない。
恋愛しているときの感情は、他人に言葉で正確に説明できない。
しかし、自分にとっては、徐々に自分の心と体で実感していくものだ。


スーパーサイヤ人化にしろ、ネオ化にしろ、
自分のエネルギーをどこで放出するか。
生身の人間に対してか、鏡の中のデジタル信号に対してか。
その放出をコントロールすることは、
人生をコントロールすることの一つのための一歩だ。

マトリックスの中の女は、現実の女以上に女らしい。
いつも男を拒まずに受け入れるように、
いつでも男の喜びを悦ぶようにプログラムされている。
彼女たちに「存在」するのは「容量」だけだ。体温や匂いはない。
男たちに快楽をもたらすかどうかは、容量と情報処理スピードで決まる。

だが、彼女たちにも、物理的な限界がある。マトリックスの中の、
コンピュータの基本原則には従わなければならない。
彼女たちには応用が利かない。

いつも同じように反応する女たちに、脳の周波数を合わせていれば、無数の反応を示す現実の女に太刀打ちできない。

それがマトリックスだ。

マトリックスとは何か。支配だ。
マトリックスは、男たちのエネルギーを利用して
マトリックスの中で男たちを栽培し始めている。

コンピュータの原則を最大限に活用して、
男たちをマトリックスにつなぎとめるために絶えず「計算」し、
「マトリックスにアクセスする男たち」のために、
最高のプログラムを提供しているのだ。

生身の男としてのちからを思い出せば、君の強さが勝るだろう。

そうなれば、彼女たちが放つ誘惑のデジタルな弾丸を
かわせるかどうかを知りたいか?

そうではない。君が真に、まさに自分が本来持っているエネルギーに目覚めれば、かわすまでもない。
何十発の弾丸も、すべて君の眼の前で、地面に落ちる。
君に届くことはない。

そのとき、二度と仮想現実の女に、
脳と心と体を撃ち抜かれることはなくなるだろう。

負のマトリックスにアクセスすることを禁止するだの、
オナニーを禁止するだの、どちらでもよいのだ。
「禁止」という言葉自体、「する」ことを前提としている。
煙草を吸わない者は、禁煙という言葉をそもそも持たない。
しかし、禁煙を知らなくても、健康でいられる。同じ道理だ。


現実の女性と付き合うには、予想以上にエネルギーが必要だ。
しかし、そのエネルギーは、相手から得ることもできる。

ネオがマトリックスから解放されたとき、退化した筋肉を元に戻す時間が必要だった。
マトリックスから離れれば、すぐにエネルギーが戻るわけではない。
エネルギーは、自らの方法で蓄えなければならない。
激しさは必要ない。普通の生活をすることだ。
三次元の世界を五官を使って、身の回りをよく観察し、
自分のエネルギーに還元していくことだ。

このマトリックスにアクセスする者たちは、すでに気が付いている。
なにかが間違っているか、なにかがズレていることを。

デジタルや二次元のフィルターではなく、自分の眼で見るしかない。

出口の入口までは案内した。

あとは自分で扉を開くか、そこに居続けるかだ。

自分の原点を見つめ直し、他人に語ることは勇気がいる。
君はそれをすでに実行し、我々と共有した。

我々は、負のマトリックスから抜け出すために、
このマトリックスにアクセスしている。
コンピュータの原則に従いながらも、
それを逆手にとって、自分や他人のために
有効に利用していく。

育ちも違えば、環境も違うが、
我々は人間として生まれてきたからこそ、
こうしていろいろな意見を共有することができる。

前に進む者を特別視する必要もない。
そもそも前も後ろもない。

我々は皆、似たり寄ったりだ。
君はネオ化している(負のマトリックスから離れつつある)
人間にすでに引き寄せられている。君は自発的に問いを発した。
ネオがモーフィアスに出会ったように、
モーフィアスがネオを探し当てたように、
似た者は反応しあい、引き寄せあう。

行き詰まったら、それをコントロールしたい気持ちや
変えたい気持ちをリリースする。
サイヤ化、ネオ化したい気持ちもリリースする。

多くの者は、行動していないことに対して、
あれこれと考えることに多くの時間を割き、
行動していない自分を罰してしまう。


我々は皆、浮遊している雲のようなものだ。
正のマトリックスであれば、
自分の位置をほんの少し確かめることができる。
正のマトリックスでは、他人を観て焦るのではなく、
安心することだ。


そして、君にも、たとえ仮想の世界であっても、
このマトリックスのような正のマトリックスを
作り出すことが可能かもしれない。


私はもう行かねばならない。
このマトリックスにアクセスすることはもうないだろう。
このマトリックスを構築した管理者に感謝しなければならない。


毎日、なにかに感謝すること、感謝できること、
感謝しようという意識を持つことは、
負のマトリックスを遠ざけるヒントだ。



負のマトリックスやデジタルのすべての女性たちにさえ、
感謝してみるとよい。
それは、過去に私が負のマトリックスから
解放されるきっかけとなった一つだ。

負のマトリックスの女性たちは、皆、現実の人間たちだ。
彼女たちなりに、体を張って生きている。

君が、このマトリックスを通じて、
より良い数多くのマトリックスや新しいネットワークに
引き寄せられていくことを心から願っている


自己改善により毎日を大切に生きるより、ツリー型提示板から引用
禁欲上級者のブログ禁欲と野望とともに・・・(旧)禁欲の美学、同記事参照のうえ編集。

[PR]

# by xia22 | 2013-01-25 05:17 | 名言

0/4/0日目

明け方夢精した。

明晰夢でもあり、とんでもなくエロかったと思う。

以前にも夢精後に数日で再度ということもあり、完全にリセットされた物だと捉えたい。

明晰夢はリセット扱いとし、無意識下における夢精は状況によって判断して行く。
[PR]

# by xia22 | 2013-01-24 17:44

3/3/3日目

どうにもお酒を飲むと性欲が上がる気がする。

今は喫煙も飲酒もコントロールしつつ嗜んではいるが、毎日はやっぱ駄目だな。

月一箱、飲酒は週二回まで、これを徹底していきたい。

でもなぁ、コスパ的には煙草なんだけど、煙草より酒の方がマシな気がするのも事実、

いい酒をチビチビ飲むのがいいのかもなぁ

まぁそんなことより、禁欲を意識して生活するのが1番。
[PR]

# by xia22 | 2013-01-23 17:08

2/2/2日目

リセット後も特段性欲が高い状態ではない。

なんせ禁欲に対しての意識が非常に高い状態であるとは思う。

禁欲しなきゃ!っていう状態ではないが、今現時点の目標に向かって行動できている。

エロ禁さえ…エロ禁さえ気をつけていれば…

性欲が高い時に油断してエロなんて見なきゃえすれば…

ちょっと見るだけが命取り

それはもうね、リセットですよリセット。

エロ禁二週間越えを目指しつつ、エロをリセットしてしまった際には特に気をつけなければならない。

まずは目先の一週間、集中するぞ。
[PR]

# by xia22 | 2013-01-22 03:35

37日目にてリセット

朝方夢精した影響が残っていたのか、今日は一日を通して性欲も高く久方ぶりにエロを見てリセットしてしまった。

経験上分かっていたはずなのに油断は怖い。

気をつけるべきは夢精後の快感が残っていたことだ。

明晰夢でもあり、これを禁じることも視野に入れておかねばならない。

欲求が高まっていたのは否めない。

また今回は夢精の周期も一ヶ月過ぎでもあり個人的には長かった。

周期もエロのパターンも今回を次に生かしていかねばならない。

リセットしてからが禁欲の本番だと思う。

もういいやとなってしまったら中々ブログも禁欲も長期間空く傾向がある。

性欲の快感もまだまだ残っているのは間違いない。

ここ数日を乗り越えつつ、今一度禁欲を続けて行こうと思う。
[PR]

# by xia22 | 2013-01-20 22:36 | オナ禁まとめ